kumiko taki official blog

旅の最中や、些細な事、すぐに伝えたい事、早く見せたい写真、ちょっとした気持ちなどなど。プロスノーボーダー滝久美子オフィシャルホームページでは伝えきれないメッセージを紹介します♪

Entries

群別岳(川)初沢登り

水は苦手なのでお誘いがあってもずーっと避けてきた沢登り。
なのに、行ってしまいました。
沢の経験も知識も豊富な信頼できる仲間が誘ってくれたので体験してみようと決心。
IMG_2944.jpg
大きな穴が空いているので車はここまで、ここからスタート
IMG_2945.jpg
水がないのでまだ元気
途中から沢歩きが始まり不安に、でも明日が本番
テン場に到着、まずは薪集め!
IMG_2892.jpg
そして火を起こし
IMG_2905.jpg
釣りへ!
IMG_2912.jpg
釣った魚を焼いてます!なんてワイルド!
IMG_2890.jpg
その傍らで調理する人
IMG_2947.jpgIMG_2889.jpg
食べる人
IMG_2917.jpg
牛すじ赤ワイン煮込み♪山奥でこんな料理食べられる幸せ♡
シェフ、ありがとうございます!
IMG_2913.jpg
夕焼け雲の虹
IMG_2924.jpg
焚き火で暖まりながら朝早いので就寝・・・の前に暗がりでまさかの転倒!お尻を強打してしまい明日は無理かもと不安になりながらも爆睡。

早朝3時半起床。
右のお尻が痛い。立ち上がる時に激痛。これは・・・テン場で一人待機かも。
朝食をいただき、よちよちと歩きながらも準備をし途中まで行ってダメなら一人で戻ればいいかなって気軽に考えているとリーダーから「基本、沢での一人行動はありえない」と一言。私の判断ミスでみんなを巻き添いにしてしまうことを知り悩む。
でも、沢で転んで登れないならまだしも、テン場でキャンプ中に転んで登れないなんて悔しすぎる・・・負けず嫌いの性格。すると朝目覚めた時より徐々に痛みが弱まってきたかも?私、行けるかも!と、行動することを決意。
IMG_2972.jpg
歩き出してすぐ利き脚の右足で踏ん張れないから左足で頑張る。骨は異常なさそう。でも、確か今日の行動時間11時間って言ってたよね?持つのかな?私。
IMG_2973.jpg
写真は元気そうだけど慣れない沢歩きで何度も滑って転び、あちこち強打しもうお尻が痛いことも忘れるくらい。沢登りって物凄く危ない遊びだってことに今更気づく・・・
IMG_2974.jpg
それでもこんな滝とか
IMG_2948.jpg
こんな丸太とか
IMG_2935.jpg
普通の山歩きでは見れない素敵な景色にたくさん出会える
IMG_2942.jpg
でもさすがにこの時は来たことに後悔した・・・
滝の下をくぐってるけど足元ツルツル。滑ったら30メートル?下の滝壺に落下。背中に水が入ってきて冷たいし怖いし涙出るほど恐怖の瞬間。でもこの時「藻」の上に足を乗せると滑らないことを教えてもらい泣く泣くクリア。
川(水)がなくなり急に元気になって山頂に到着!ここまでで約6時間。
IMG_2926.jpg
山頂は秋晴れ♪素晴らしい景色でした!
IMG_2933.jpg
そして下山開始。沢登りのもう一つの核心は藪漕ぎでした。
IMG_2971.jpg
自分の背丈より大きい笹薮の中を獣のように掻き分けて歩きます。
この時は約1時間藪漕ぎでしたが普通の沢はもっと長いそうです@@
IMG_2975.jpg
滝の横を懸垂下降。
クライミングやっててほんと良かった。
この後、沢で何度も転んでずぶ濡れになりながらも無事ではないけど大ケガもなく下山。
IMG_2950.jpg
今回、沢のベテランである先輩達のサポートのおかげで初めての沢登り体験することができました。(初めてなのにかなりレベル高かったけど)
先輩達の安定感ある沢歩きや地図読み、ルーファイ、ワイルドキャンプ全てに感心しながらとても勉強になりました!まだまだ山での行動で知らないこといっぱい!収穫いっぱいでした!
私は過去に溺れた経験があるので水に対する恐怖が強いのですがまた新しい世界を見れた気がします。
沢登りはかなりの身体能力が必要とされます。
そして沢登りは危険です!笑
でも、危険なことって楽しい・・・
新たな経験できて仲間に感謝!ありがと~!
  • at 23:20 
  • [trip
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

左サイドMenu

プロフィール

 滝 久美子

Author: 滝 久美子
プロスノーボーダー

最近の記事

月別アーカイブ

Thank you!

右サイドメニュー

ブログ内検索